野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、佐野市運動公園野球場で福井と対戦、3-0で快勝し、連敗を2で止めた。若松駿太(わかまつしゅんた)が12奪三振の力投で完封し、3勝目を挙げた。通算成績は5勝3敗。

 若松は序盤から緩急自在の投球で、相手打線を単打のみの散発4安打に抑えた。八回以外は毎回奪三振を奪う快投で三塁を踏ませないほぼ完璧な内容だった。打線は三回1死から西岡剛(にしおかつよし)の左中間二塁打を足場に野崎新矢(のざきしんや)の右前適時打などで2点を先制。五回は松井永吉(まついえいきち)の右犠飛で1点を追加した。

...    
<記事全文を読む>