◇ヤクルト5-3中日

 ヤクルトは3-3の九回2死満塁から、雄平の2点左前打で勝ち越した。八回のピンチをしのいだ五十嵐が3勝目で、九回を締めた石山が4セーブ目。八回に同点とした中日は鈴木博が崩れ、連勝が3で止まって3位に後退した。

     ◇

 嫌な流れを何度も振り払った。ヤクルト打線が九回に粘りを見せ、首位を堅持した。決勝の2点適時打を放った雄平は「チーム全体で勝った」と胸を張った。

 救援陣が2点のリードを守れず、3-3とされた後の九回だった。無死一塁で代打の松本直がバントを失敗して三振。チャンスがしぼみかけたところで青木が右前打を...    
<記事全文を読む>