東北楽天は、2度のリードを奪いながら投手陣が踏ん張れず、競り負けた。
 4-4の九回、4番手青山が頓宮にソロを浴びた。先発安楽は三回と四回に一発を浴び、3-2の六回、連打を浴びて逆転された。
 打線は二回にウィーラーの左越えソロで先制。四回は浅村のソロで同点とし、五回は茂木の適時三塁打で一時勝ち越した。七回は足立が同点ソロを放ったが、八回以降は無得点。オリックスの山岡は8回4失点で2勝目。

 東北楽天-オリックス4回戦(オリックス3勝1分け、18時00分、楽天生命パーク宮城、26,188人)
オリックス001102001=5
<記事全文を読む>