ベイスターズのドラフト2位ルーキー・伊藤裕季也が2軍で調子を上げてきた。現在イースタン・リーグでトップタイの5本塁打をマークし、「ちょっとずつ自分の感覚が戻ってきた」と1軍昇格のチャンスを狙っている。

 初本塁打を放った7日のロッテ戦を皮切りに6戦5発。昨秋、立正大を大学日本一へ導いた182センチ、96キロの大型内野手がそのパワーを遺憾なく発揮している。

 オープン戦では14打数1安打、打率0割7分1厘と絶不調で、3月中旬に2軍落ち。「自分でも何が悪いのか分かっていなかった」とイースタン・リーグでも低迷していたが、復調のきっかけは同月下旬だっ...    
<記事全文を読む>