◆楽天7-4西武(17日・楽天生命パーク宮城)

 かつての頼もしい仲間は、恐ろしすぎる宿敵に変わった。1点リードの5回2死一、二塁。今季2勝目の権利まで「あと一人」だった本田の高め真っすぐは、浅村に左中間スタンドまで運ばれた。昨季のレオの主将に通算150号となる逆転3ランを被弾。故郷仙台での1軍初登板初先発を飾れなかった本田は「浅村さんへのあの1球が悔やまれる」と嘆いた。

 16日も西武投手陣は浅村に適時打を含む2安打を許した。浅村は西武戦で打率3割7分5厘(16打数6安打)、2本塁打、6打点。浅村から見てカード別では全てトップの記録だ。辻監督は浅村の力をよく知...    
<記事全文を読む>