世界に誇れる偉大な数字だ―。日本ハムの宮西尚生投手(33)が13日、札幌ドームで行われたロッテ2回戦の七回、3番手で登板し、1イニングを3者凡退に仕留め、通算300ホールドを達成した。636試合12シーズンかけての前人未到の記録となった。試合は三回、大田泰示外野手(28)の2点適時打で先制。来日初先発のジョニー・バーベイト投手(26)が5回無失点に抑え、5人の継投で今季初の完封リレー。3―0で今季2度目の連勝ともなった。勝率を5割に戻し“宮西デー”は最高の1日となった。

 万雷の拍手に包まれながら、ベンチへと引き揚げていった。宮西は3点リードの七回に...    
<記事全文を読む>