日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)がきょう13日、イースタン・リーグのロッテ戦に先発する。公式戦4度目のマウンド。週に1度のペースで登板する“プロ流調整”にもバッチリ適応済みだ。直球勝負を貫き、1軍昇格を猛アピールする。また、12日、鎌ケ谷で開催された同ロッテ戦では、万波中正外野手(18)がプロ1号を含む2打席連続本塁打。試合も延長十一回4―3でサヨナラ勝ちを収めた。

 きょう12日に公式戦2度目の先発マウンドに上がる吉田輝は、ロッテ打線封じに自信をみなぎらせた。「練習でしっかり調子を上げてこられた。前の試合よりは全然いいピッチングをできる...    
<記事全文を読む>