ソフトボールの第48回日本男子リーグは12日、広島県尾道市の御調ソフトボール球場で開幕する。過去4度の優勝を誇るダイワアクト(佐賀市)は、新加入したアルゼンチン代表のウエムル・マタ(24)ら充実した投手力を軸に3年ぶりの日本一を目指す。

 ダイワアクトは昨季、西日本リーグを9勝5敗の3位で通過。東西の上位3チームが進む決勝トーナメント1回戦は、大阪グローバルに0-1で惜敗した。

 チームは3年ぶりに新戦力を迎えた。マタはアルゼンチン代表のエースとして2012、14年の世界ジュニア選手権連覇に貢献。最速130キロの直球に多彩な変化球を織り交ぜる。関東学生リーグの強...    
<記事全文を読む>