リベンジの時が来る。13日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(鎌ケ谷)に先発予定の吉田輝は、プロ初対戦が予想されるドラ1・藤原にライバル心を燃やした。昨夏の甲子園決勝で対戦し、4打数3安打2打点と打ち込まれ完敗。「あの試合は打たれすぎて記憶がない。今度はしっかり抑えた記憶が残るようにしたい」と雪辱を誓った。

...    
<記事全文を読む>