左肩の張りで出遅れている西武の榎田大樹投手(32)が、12日からのイースタン・巨人戦(西武第二)で実戦復帰することになった。8日、小野投手コーチが「12日か13日に1イニング程度を投げる予定」と明かし、今月下旬にも1軍に昇格する可能性が出てきた。

 移籍1年目の昨季に自己最多の11勝を挙げた左腕は開幕ローテの一角として期待されたが、2月下旬の高知2次キャンプで左肩の張りを訴えリハビリを続けてきた。既に本格的なブルペン投球を再開。小野コーチは「4月後半に(1軍で)投げられるかどうか。下(2軍)で1、2試合投げて間に合えば」として、ローテ投手が中6日を保てば6人目が必要となる月...    
<記事全文を読む>