プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズは七日、金沢市の金沢市民野球場で富山GRNサンダーバーズと開幕戦に臨み、2-1で逆転勝ちした。金沢出身で星稜高校、金沢星稜大卒のルーキー今村春輝内野手(22)が四番打者でデビューし、地元ファンらを喜ばせた。

 石川は、巨人を退団して戻った長谷川潤投手(27)が先発。初回に先制を許したが五回まで1点に抑えた。打線は六回、四球で出た喜多亮太捕手(23)を、荒谷勇己右翼手(22)が右中間二塁打でかえして同点に。続く金山開三塁手(24)も右越え二塁打を放ち、逆転した。

 金沢学院大卒の金山選手は3安打の猛打賞...    
<記事全文を読む>