ルートインBCリーグ(7日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦し、2-1の逆転勝ちで13年目のシーズン開幕戦を制した。勝利の立役者は金沢学院大OBの2人。現役復帰した元巨人の長谷川潤が先発で好投し、3年目の8番・金山開は決勝打を放ち、3年ぶりの優勝へ好スタートを切った。
 1点を追う六回は2死から喜多亮太が四球を選んで反撃の口火を切った。続く荒谷勇己の二塁打で同点、金山の二塁打で荒谷が2点目のホームを踏んだ。
 長谷川、内田幸秀に続いて九回に登板した有吉弘毅は2死一、三塁のピンチを切り抜け、セーブを記録した。逆転劇に2322人のファ...    
<記事全文を読む>