2019年度北陸大学野球春季リーグ戦第1週(6日・小松市弁慶スタジアムほか=北國新聞社特別協力)開会式の後、1部の3試合と2部の1試合に熱戦が展開され、1部で春秋7季連続優勝を目指す福井工大、王座奪還を期す金沢学院大と金沢星稜大が先勝した。
 福井工大は高岡法科大に6―0で完封勝ち、金沢学院大は1部に復帰した富大に8―2で逆転勝ち、金沢星稜大は北陸大を6―1で破った。
 2部では、1部から降格した金大が金城大に21―0の七回コールド勝ちを収めた。

...    
<記事全文を読む>