ルートインBCリーグは6日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場などで5試合を行って開幕し、信濃グランセローズは同じ西地区の富山に延長十回、3―4でサヨナラ負けした。信濃の開幕黒星は3季ぶり。
 信濃は2点を追う九回、佐野、ロドリゲスの連打などで無死満塁とし、上原の左前適時打と山本の右犠飛で同点に追いついた。なおも1死一、三塁の好機が続いたが、後続が続かなかった。延長十回に1死満塁のピンチを迎えると、左越えにサヨナラ打を許した。
 信濃は7日、長野オリンピックスタジアムでホーム開幕戦に臨み、東地区の新潟と対戦する。信濃の予告先発は柿田。

...    
<記事全文を読む>