両チームとも期待の左腕が予告先発する。床田は阪神戦にプロ初登板。自身2季ぶりの勝利と、チームの連敗ストップを目指すマウンドとなる。六回途中4失点だった3月30日の巨人戦は四球が失点に結びついており、「粘られても自分の球を投げきり、無駄な四球を出さないようにしたい」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>