代理人を通じて国民栄誉賞を辞退する意向を日本政府に伝えたことが明らかになったイチローさん(45)=本名鈴木一朗=について、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長は五日、「現役を辞めたからと思って日本政府も打診したんだろうけど、彼なりの考えがあるんだろうから」と、三度目となった辞退の決断を尊重した。

 イチローさんは日米通算四千三百六十七安打など数々の大記録を打ち立てて引退したばかりで、「今回こそは」との期待も高かった。一九七七年に政府が創設した国民栄誉賞を受賞した王会長は「辞退はしているけれど、もうみんなはそういう思いで見ているからね」と、国民的英雄をたたえた。

...    
<記事全文を読む>