7日に開幕戦を控えるルートイン・BCリーグの石川ミリオンスターズによるポスター掲示依頼活動は5日、市内で行われ、6選手が飲食店など約100店でポスターを配り、試合の来場を呼び掛けた。

 金沢駅周辺では飯野元汰投手と金山開内野手が店を回った。オープン戦は調子が良くなかったという2人だが、飯野投手は「先発で10勝以上」、金山内野手は「打率3割5分以上」とそれぞれ目標を語り、シーズンでの巻き返しを誓い、球場での応援協力を求めた。

...    
<記事全文を読む>