ルートインBCリーグは6日に開幕し、各地で5試合を行う。西地区の信濃グランセローズは、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場で同地区の富山と対戦し、3季連続の白星発進を狙う。

 信濃は開幕前の練習試合とオープン戦を合わせた計6試合で2勝3敗1引き分け。練習生を含めた戦力の見極めを重視して選手を起用しており、柳沢監督は「勝敗は気にしていない」と話す。

 ただ、「バッテリー中心の守り勝つ野球」を掲げながら、四球や失策絡みで失点する場面が目立った。3日の群馬とのオープン戦では、投手陣が計17四球を与えるなどして1―13で敗れた。見つかった課題をシーズ...    
<記事全文を読む>