野球独立リーグ・ルートインBCリーグは6日に開幕し、参入3年目の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は、茨城県のひたちなか市民球場で新規参入した茨城と激突する。昨季成績は前期最下位、後期3位。寺内崇幸(てらうちたかゆき)新監督を迎え、補強の目玉として前阪神の西岡剛(にしおかつよし)を獲得した新生栃木GBの今季の戦いを展望する。

 栃木GBは3日までにオープン10試合を戦い、通算成績は4勝1分け5敗。総得点は57(1試合平均5・7点)、総失点は66(同6・6点)だった。それでも寺内監督は「各選手に疲労がたまっていたが、チームの状態は上向き」と、ここまでの調整が順調にきていることを...    
<記事全文を読む>