東都大学野球1部の春季リーグ戦が8日、神宮球場で開幕する。駒大4年の平野英丸内野手(静岡高出)、亜大3年の栗原健外野手、赤井啓輔内野手(ともに常葉菊川高出)、中大2年の中田悠斗外野手(藤枝明誠高出)ら静岡県勢の活躍が期待される。

 ■駒大・静岡高出 平野内野手 
 2年秋から5番、三塁に定着した平野は最終学年を迎えた。オープン戦で4番を担い、打率は3割5分。まずまずの手応えだ。冬の鍛錬で振りが強くなり、長打も増えた。ただ昨秋はオープン戦の好調が公式戦で続かなかった反省がある。「さらに上げていきたい」と気を引き締める。
 副将として、主軸としてチ...    
<記事全文を読む>