4年ぶり開幕カード勝ち越しで、スタートダッシュ成功! 日本ハムはオリックスと1勝1分けで迎えた3回戦に有原航平投手(26)が先発。二回に味方の失策絡みで失点するも、7回5安打1失点(自責0)と猛牛打線を沈黙させ、勝利投手となった。過去、2年連続で2桁勝利を挙げている大黒柱の快投発進は、V奪還へチームにとっても頼もしい限り。2日からの楽天3連戦にも大きく弾みがついた。

 5年目の進化が、初登板で証明された。先発・有原が7回1失点の快投。最速152キロの直球を主体に猛牛打線を封じ込めた。「開幕戦も昨日もいい試合だったので、流れに乗りたかった」。安定感抜群の投球が、4年ぶりの開幕...    
<記事全文を読む>