バレーボールのVリーグ2部(V2)は17日、山形県の酒田市国体記念体育館で女子6チームによるプレーオフ「ファイナル6」の最終戦が行われた。レギュラーラウンド1位のヴィクトリーナ姫路は3-0で同2位のJAぎふリオレーナにストレート勝ちし、初優勝と来季の1部(V1)昇格を決めた。

 姫路は2016年に発足し、プロ契約の選手と指導者で構成。女子日本代表前監督の真鍋政義氏(55)がゼネラルマネジャー(GM)、元日本代表セッターでロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江氏(40)が監督を務めている。

 昨秋に開幕した新リーグ「Vリーグ」に初参戦した姫路は、レギュラーラウンドを1...    
<記事全文を読む>