バレーボールのVリーグ女子2部は16日、酒田市国体記念体育館でプレーオフ(PO)3試合が行われ、レギュラーラウンド4位で本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは同5位のGSS東京と対戦し、3―0でPO初勝利を挙げた。通算成績は1勝3敗で、勝ち点を5とした。

 アランマーレは第1セット、アウトサイドヒッターの江川優貴と木村友里が得点を重ねて主導権を握り25―18で奪取。第2、3セットはアウトサイドヒッター浅川希、ミドルブロッカーの柳沢紫子と本間有貴(鶴岡北高出)の活躍で粘る相手を振り切り、ストレート勝ちした。

 17日も同会場でPO...    
<記事全文を読む>