バレーボールV1女子の東西下位チームによる9~11位決定リーグ「チャレンジステージ」は9日、岩手県花巻市の市総合体育館で始まり、西地区5位の岡山シーガルズは3―0で東地区5位のKUROBEを下した。シーガルズは10位以上となることが確定し、V1残留が決まった。

 シーガルズは佐々木、金田の攻守が安定し、第1セットを25―14と圧倒。競り合いとなった第2セットをジュースの末に奪うと、第3セットは相手を寄せ付けなかった。

 シーガルズは持ち点の1と合わせて勝ち点4とし、KUROBEは1から伸ばせなかった。シーガルズは17日のPFU(東地区6位)と...    
<記事全文を読む>