【鷹栖】バレーボールV3リーグのヴォレアス北海道(旭川)が2月26日、鷹栖小で「夢授業」と題し特別授業を行った。古田史郎主将(函大有斗高出)と町の地域おこし協力隊員を務める辰巳遼選手が5年生33人にバレーボールを指導し、夢を持つことの大切さを伝えた。

 2017年に鷹栖町と連携協定を結び、同年11月に初開催した。町内での開催は今回が2回目で、21日には鷹栖中、25日は鷹栖北野小でも同様の授業を行った。鷹栖小の児童は、腰を落とした基本の姿勢や声をかけ合ってパスを回すことを学び、試合した。

 その後の講演会で、辰巳選手は「ずっとスポーツ選手になりたかった」と話し、小...    
<記事全文を読む>