世界最高齢のスピードスケーターとして昨年、ギネス世界記録に認定された茅野市玉川の丸茂伊一さん(89)が今月上旬、オランダ・レーワルデンで開かれた国際マスターズ競技会への出場を果たした。二十八日、市役所を訪れ柳平千代一市長に報告した。

 丸茂さんは昨年三月のロシア・モスクワ大会に出場し、当時の年齢八十八歳と三百三十七日がギネス記録になった。

 今大会では、今年六月までに九十歳になる選手を含む九十歳以上のクラスにただ一人出場。500メートルと1000メートルを二本ずつ滑り、1000メートルの一本目はコースアウトで失格となったが、その他のレースは記録を残した。九十歳以...    
<記事全文を読む>