第19回全日本中学生バドミントン選手権大会は28日、三重県のサオリーナで開かれ、富岡一中の選手で編成する本県チームが団体戦決勝で岡山県チームを3―0で破り、3連覇を達成した。

 男女のシングルスとダブルス、混合ダブルスを組み合わせた男女混合の団体戦。予選リーグを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントに臨み、本県は初戦の広島県チームから準々決勝の三重県Aチーム、準決勝の青森県チームまでストレート勝ちで決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>