9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は26日、チケットの一般向け第3次販売を5月18日午後6時に開始すると発表した。先着順で、7月下旬まで販売する予定。
 3次販売では、エコパスタジアム(袋井市)で開催される日本-アイルランド戦を含む全試合のチケットが購入できる。チケットは7月以降、順次発送する予定。
 組織委によると25日現在、チケットの販売予定枚数180万枚のうち、7割超の129万枚の販売が完了した。嶋津昭事務総長は「過去の大会と比べても非常に好調に推移している」とした。海外からの申し込みも予想以上に多く、購入者の3分の1程度が外国人...    
<記事全文を読む>