カヌー・スプリントは静水の直線コースで行われ、パドルをこいでスピードを競う。女子カヤック日本代表の小野祐佳(県体協、本荘高―筑波大出)は東京五輪で日本スプリント勢初のメダル獲得を目標に掲げる。

 女子カヤックはシングル(1人乗り)、ペア(2人乗り)、フォア(4人乗り)があり、距離は200メートルと500メートル(ペア、フォアは500メートルのみ)。東京五輪全体の出場枠はシングル200メートルが12人、同500メートルが13人、ペアとフォアはそれぞれ10組となっている。日本にはシングル500メートルが開催国枠として一つ割り当てられている。

...    
<記事全文を読む>