1日に発足した大学スポーツの統括組織「大学スポーツ協会」(UNIVAS=ユニバス)の専務理事に池田敦司仙台大教授(62)が就任した。100年以上の歴史がある全米大学体育協会(NCAA)を参考に発足し、国内197大学が加盟した。池田氏は「学生がより良い環境で学業、スポーツに全うできるように整備したい」と張り切る。

 ユニバスは、大学スポーツの露出拡大と、学生アスリートの文武両道の実践を柱に活動する。民間スポンサーを獲得し、その資金を競技環境の改善などに充てる。初年度の予算規模は約20億円。企業からの協賛金を募り、25年に50億円を目指す。
 初年度から効果が期待でき...    
<記事全文を読む>