アイスホッケー日本代表や国内トップチームが集結する初の祭典「アイスホッケーヒーローズ2019」が23日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで開幕した。都内で7年ぶりとなる男子日本代表戦などが開催され、約1300人が氷上の激闘を楽しんだ。

 人気が低迷するアイスホッケー界を盛り上げようと、HC栃木日光アイスバックスなどアジアリーグ(AL)の国内4チームが企画した。

...    
<記事全文を読む>