【釧路】中学生男子の第13回全日本少年アイスホッケー大会(釧路市、日本アイスホッケー連盟など主催)の開会式が23日、市内の日本製紙アイスアリーナで行われた。北海道から九州・沖縄まで全国23の選抜チームが24~27日、市内3会場で熱戦を繰り広げる。道内からは釧路A、釧路B、帯広、苫小牧、札幌の5チームが出場する。

 開会式では選手422人がリンクに入場。栃木県選抜の赤沢朋哉主将が「仲間と氷上にかける思いを一つにし、正々堂々と最後の1秒まで戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。

...    
<記事全文を読む>