フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、男子はショートプログラム(SP)で3位につけた冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA、宮城・東北高出)がフリー2位の206.10点をマークし、合計300.97点で銀メダルを獲得した。
 羽生は国際スケート連盟(ISU)公認大会で世界初の4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は4位となった。日本勢は来年の出場枠で最大3枠を確保した。
 ネーサン・チェン(米国)がSPに続いてフリーも1位の216.02点をマークし、合計323...    
<記事全文を読む>