県内広域を舞台とした自転車ロードレースの国際大会「第3回ツール・ド・とちぎ」が22日開幕し、国内外15チーム、計88選手による熱戦が始まった。24日までの3日間で県内11市町、約272キロを走破する。 Web写真館に別カットの写真  国際自転車競技連合(UCI)公認レース。初日の22日は真岡市の井頭公園内特設コース(約3キロ)で第1ステージの個人タイムトライアルを実施し、選手が一人ずつスタートしてゴールするタイムを競った。  100分の1秒を争う戦いとなり、初出場のベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、チーム・サプラ・サイクリング)が平均時速47・8キロで唯一の3分45秒台をマーク...    
<記事全文を読む>