袋井市のアザレア・スポーツクラブ(清宮克幸代表理事)は19日までに、女子7人制ラグビーチーム「アザレア・セブン」の選手として、3日のトライアウト参加者のうち大学生以上の9人を採用すると決めた。チームは22日にエコパスタジアム補助競技場で初練習を行い、国内最高峰の大会「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」の2020年参入を目指して始動する。
 9人は石井桜果(日体大、東海大翔洋高出)や、トップリーグ・ヤマハ発動機のCTBヴィリアミ・タヒトゥアの妻で7人制の競技経験があるニュージーランド出身のアシュリー・タヒトゥア(27)ら。陸上100メートルで11秒73の自己記録を持つ君嶋愛梨...    
<記事全文を読む>