ソフトボール女子の日本リーグ2部に挑む大垣ミナモソフトボールクラブの選手と支援企業関係者、サポーターの交流会が17日、岐阜県大垣市加賀野のソフトピアジャパンで開かれ、1部再昇格を誓った。

 後援会「大垣ミナモソフトボールクラブを育てる会」(小川信也会長)が主催。新加入9人を含む選手・スタッフ27人は所属企業ごとに社長らと共に壇上に登場し、集まった約500人から拍手や歓声を浴びた。

 小川会長は「『必昇再輝(ひっしょうさいき)』を期し一丸で戦っていく。多くのご支援とご声援を」と呼び掛け、クラブの堤俊彦会長は「選手たちは必ず1部に戻る覚悟で猛練習している。熱い声援を...    
<記事全文を読む>