実業団ソフトテニスの最高峰「日本リーグ」への初昇格を決めた県庁チームが十三日、県庁で西川一誠知事に快挙を報告した。

 チームは、中本圭哉さん(福井南特別支援学校職員)、早川和宏さん(同)、阿部智紀さん(同)、鈴木琢巳さん(県立盲学校職員)、品川貴紀さん(福井運動公園事務所職員)の福井国体のメンバー五人。

 地区実業団リーグから、二〇一八年度に全日本実業団リーグに昇格して2位となり、今年二月の入れ替え戦で全勝し、今回の昇格となった。日本リーグは八チームの総当たり戦で、十二月に愛知県で実施される。

 この日、メンバーは中川俊幸監督らと県庁を訪れた。品川さ...    
<記事全文を読む>