フットサルの第11回全国女子選抜大会(大分合同新聞社後援)第2日は16日、別府市のべっぷアリーナなどであった。1次ラウンド(予選リーグ)の残り12試合があり、A、B、Cの各グループ1位と、大分県選抜が17日の決勝ラウンド(準決勝、決勝)に進んだ。
 決勝ラウンドにはグループ1位と、2位の中の最上位が進める。Bグループの大分県選抜は通算2勝1敗の2位で1次ラウンドを終えた。Aグループ2位の東京都選抜が1勝1分け1敗となったため、Cグループの結果待ちに。佐賀県選抜が最終戦で逆転勝ちして2勝1敗とし、勝ち点、得失点差、総得点で大分県選抜と並んだ。抽選の結果、大分県選抜が決勝ラウンド...    
<記事全文を読む>