9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)を盛り上げようと、県や県ラグビーフットボール協会は16日、横浜市保土ケ谷区の保土ケ谷公園ラグビー場で「かながわラグビーフェスタ」を開いた。恒例となるU16(16歳以下)の神奈川対群馬の対抗戦が行われたほか、県内高校ラグビー部のOB・OGの試合も行われた。

 U16の対抗戦は、神奈川が1トライを決め先行するも後半返され同点に。試合はもつれ込み残り10分。センター田中翔選手(法政二高)にボールがつながると、群馬のディフェンスを振り切り独走の逆転トライ、ゴールも決まり、12対5でノーサイドとなった。

 「...    
<記事全文を読む>