百五銀行への入行が決まったリオデジャネイロ五輪男子柔道銀メダルの原沢久喜選手(26)は十四日、津市丸之内の本店であった会見で「三重の方々にも応援してもらい、東京五輪で金メダルを取りたい」と誓った。世界トップレベルのアスリートと三重との間に生まれたつながりに、県内の競技関係者から喜びの声も上がった。

 百五銀は二〇二〇年の東京五輪、二一年の三重とこわか国体に向け、昨年からアスリートの採用を推進。原沢選手の実直で誠実な姿勢を高く評価し、一年かけて採用を打診してきた。上田豪会長は「総力を挙げサポートする。県民の方々にもぜひファンになってほしい」と呼び掛けた。

 原沢選...    
<記事全文を読む>