昨年、町田市で最も活躍したアスリートを表彰する「スポーツアワードまちだ」が九日、市役所であり、昨年三月の全日本選手権・女子モーグルで初優勝した冨高日向子(とみたかひなこ)選手(18)がグランプリに選ばれた。

 冨高選手は市内在住の高校三年生。昨年四月のジュニア世界選手権でも二位に入った。石阪丈一市長からトロフィーや活動支援金を贈られ、「すごい選手が大勢いる中で選ばれてうれしい。受賞を糧に頑張りたい」と喜んだ。今季はワールドカップ(W杯)総合九位で昨季より順位が上がり「これからある全日本、世界ジュニアの両方で優勝したい」と抱負を語った。

 自他薦の百六組のうち、最...    
<記事全文を読む>