【ノルウェー・オスロで運動部・千葉恵】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は10日、オスロで個人第23戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が127メートル、126メートルの合計250・1点で5位に入り、日本男子で初の個人総合優勝を確定させた。

 小林陵のW杯得点は1665点で総合2位のカミル・ストッフ(ポーランド)と500点差となった。今季2勝のストッフが残り5試合(優勝100点)に全勝して追い付いても、勝利数で同11勝の小林陵を上回れないため、規定によりタイトル獲得が決まった。

 ロベルト・ヨハンソ...    
<記事全文を読む>