ソフトテニスのアジアカップひろしま国際大会最終日は10日、広島市中区の広島翔洋テニスコートで男女の決勝などがあった。男子はNTT西日本(広島)が、韓国の利川市庁を下して4年連続9度目の優勝。女子はヨネックス(東京)が2年連続の頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>