ノルディックスキーの宮様国際大会最終日は10日、札幌大倉山競技場ほかで行われ、ジャンプのラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)では成年男子で140メートル台のジャンプを連発した原田侑武(雪印メグミルク)が2年ぶり2度目の優勝。女子は茂野美咲(CHINTAI、北翔大出)がノーマルヒルとの2冠を達成し、少年男子は藤田慎之介(東海大札幌高)が初優勝を飾った。

 アルペンは回転を行い、男子は相原史郎(東海大札幌高)が大回転第1戦、2戦に続いて制覇。女子は本田陽菜(札第一高)が初めて頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>