【鳥羽】2021年の「三重とこわか国体」でフェンシング競技が開催される鳥羽市を盛り上げようと、日本フェンシング協会会長で北京、ロンドン五輪銀メダリストの太田雄貴さん(33)らが9日、同市大明東町の鳥羽市民体育館を訪れ、「2年後の国体は重要な国体になる。三重県やフェンシングを発展させていくためにはみんなの活躍が必要」とエールを送った。

フェンシングが盛んな同市が会場の国体を盛り上げるため、競技の魅力をもっと知ってもらおうと、三重とこわか国体鳥羽市実行委員会が主催。市内外から約200人が参加した。

太田さんは同協会の普及活動やフェンシングの歴史、3種目(エペ、フルーレ...    
<記事全文を読む>