第43回日本ハンドボールリーグ第21週第1日は9日、岩手県営体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は首位・大崎電気(埼玉県)に26-35で敗れ、今季最終戦を白星で飾ることはできなかった。通算成績は10勝1分け13敗(勝ち点21)。昨年の7位から二つ順位を上げて5位になったが、目標としたプレーオフ進出にはあと一歩届かなかった。

 トヨタ紡織九州は前半、相手に先行を許したがCB金東喆(キム・ドンチョル)、RB李琅鎬(イ・ウンホ)の得点で反撃。互いに速攻を仕掛け合う中、GK岩下祐太も好守を見せて競り合い、12-16で折り返した。

 4点を追う後半は...    
<記事全文を読む>