9月20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を前に、トンガ代表チームの公認キャンプ地、島原市が気をもんでいる。受け入れ準備が着々と進む中、同国を含む太平洋地域の一部選手がW杯のボイコットを検討していると報じられたためだ。
 市は昨年4月、トンガ代表の公認キャンプ地に内定。7月に正式決定した。1次リーグ(9月20日~10月中旬)の期間中、同国から選手やスタッフら計50~60人が訪れる予定。
 ところが、同国など太平洋地域出身のプロ選手で構成する選手会が今月初め、国際統括団体のワールドラグビー(WR)が計画する新たな国際大会にサモア、フィジー、トンガの3カ国が...    
<記事全文を読む>