第39回大分合同新聞スポーツ賞の表彰式が7日、大分市のレンブラントホテル大分であった。国際大会や全国大会で活躍した19人と4団体を表彰し、栄誉をたたえた。
 プロ野球で県出身3人目となる2千安打を達成した内川聖一さん(36)=大分工高出身、福岡ソフトバンクホークス=に大賞を、水泳のパンパシフィック選手権男子200メートル平泳ぎを大会新記録で制した渡辺一平さん(21)=早稲田大、フェンシングの世界ジュニア・カデ選手権で2冠を達成した上野優佳さん(17)=星槎国際高=ら7人に国際賞を、全国大会で日本一に輝いた11人と4団体にスポーツ賞を贈った。
 式には選手、指導者、関...    
<記事全文を読む>