9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向け、南アフリカ代表のチャールズ・ウェッセルズ・ゼネラルマネジャー(GM)が6日、カナダ戦(10月8日)の会場となる神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸を視察した。

 ハイブリッド芝などを確認したウェッセルズGMは「とてもきれいに維持されている。観客で埋まれば、とてもすてきなところになるだろう」と高く評価した。

 W杯2度優勝の南アフリカは前回大会3位ながら、1次リーグ初戦で日本代表に敗れ、この一戦はW杯史上最大の番狂わせとも評された。ウェッセルズGMは「(会場の)ブライトンで我々は試合を失った。あれから日...    
<記事全文を読む>