群馬県高崎市は6日、浜川運動公園(同市浜川町など)に整備中のソフトボール場第1球場の愛称を「宇津木スタジアム」に決めたと発表した。国内外のソフトボール界で知名度が高く、功績のある宇津木妙子、麗華の両氏にちなんだ愛称で、市は同球場を広くPRする。6月上旬にオープン予定。

◎公募で決定 驚きながらも「大変ありがたく思う」


 1月15日~2月15日に県内外から計412件の応募があった。外部有識者を入れた選考委員会が検討し、(1)両氏とも日本ソフトボールの象徴的存在(2)両氏はともに高崎市民(3)「宇津木」を冠した愛称が多く寄せられた―などの理由か...    
<記事全文を読む>